MENU

【スポンサードリンク】

スポンサードリンク

独立するなら?

マルヤマは、今は独立することは考えていません。
でも、この先に何があるか分かりません。

 

仕事が楽しくても、会社から異動を命じられたら辞めてしまうかもしれません。
明日急に会社が無くなってしまうかもしれません。

 

いつでも一人でやっていけるように、
常に『独立するならどうするか?』ということは考えています。

 

 

独立で一番大事なスキル

独立して、ひとりでやっていくために、一番必要なスキルは何でしょうか?
デザインのセンスや、企画力、プログラムなどを組む技術力。
など、ウェブデザインに関係するスキルはたくさんあります。

 

もちろんこれらのスキルも大事です。
"良い仕事ができる"これは、最低限必要なことです。
持っていて当たり前の必須条件です。

 

しかし、独立して成功するために、もっと大事なスキルがあります。
それは"営業力"です。

 

どんなに良い物を作ることができても、それを売ることができなければ
一円のお金にもなりません。

 

平凡なデザインでも、営業力があれば、売り込む先はいくらでもあります。
つまり"お金を稼ぐことができる"ということです。

 

独立に失敗する人は、ほとんどがこの営業力の不足が原因なのです。
「良い物を作っていれば、勝手にお金が入ってくる」
なんて思っていたら大間違いです。

 

今の世の中には、ウェブデザイナーはたくさんいます。
ほんとうに一部の有名人でない限り、こちらから売り込まなければ
顧客の目に留まることもありません。

 

 

本当にひとりで出来るのか?

営業に力を注ぐ、ということはそれだけ
デザインにかける時間が少なくなるということです。

 

毎日、あちこちの会社に営業で飛び回っていたら、
作業をするための時間なんてほとんどなくなってしまうかもしれません。

 

"ひとりで全てをやる"というのはそれだけ大変なことなのです。

 

また、独立はしたいけれども、営業はできない。
そんな人もいるかもしれません。

 

全部を一人でやるのでなくて、誰か営業の得意な人と組むのも有りだと思います。
SOHOや、フリーでやっている人のために、仕事を紹介してくれるサイトもあります。
そういったものを利用するのも良いでしょう。

 

 

コネも大事

会社に勤めている間に、出来るだけ多くのコネを作っておくのも大切です。
コネがたくさんあれば、それだけ営業が楽になります。
何もしなくてもあちらから仕事が舞い込んでくるかもしれません。

 

ただ、そういったコネを繋ぎ続けるために大事なこともあります。
それは「来た仕事を断らない」ことです。

 

「せっかくコネで仕事を回してやったのに、断るんだったらもう頼まないよ」
そう思われてしまったら、もうそのコネは切れてしまいます。

 

どんなに忙しくても、追加の仕事を引き受けなければいけない。
あまりやりたくない内容の仕事でも断れません。

 

外部に回される仕事は、たいてい自分の会社でやりたくなかったものです。
利益率が低かったり、量が多すぎて手に余ってしまったり、
何かと大変な仕事内容のことも多いでしょう。

 

独立するならば"コネと営業力"この2つを念入りに準備しなければいけません。
独立した後も、仕事を貰うために、必死に走り回る事でしょう。
実際にデザインをしている時間は、とても少なくなってしまうかもしれません。

 

これでは、何のために独立したのか、分からなくなってしまいますよね?

 

 

求む、スーパー・エージェント!

今思いついた妄想ですが、これから先、フリーやSOHOの人向けに、
営業だけ行うエージェントのような仕事を始めたら、儲かるかもしれませんね。
もしかしたら、もうそんな仕事をしている人がいるのかもしれませんが。

 

「フリーでやって行きたい!」と思っている人はたくさんいます。
複数の個人デザイナーと顧客企業の橋渡しをしてくれる。
そんなスーパー・エージェントがどこかにいないかなぁ。